読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

戦艦武蔵が見つかったみたいですね!

先日、戦艦武蔵が発見されたみたいですね!

戦艦大和は有名だけど、武蔵も姉妹艦ですから大発見です。

引き上げ出来たらいいんですが、大きさも260メーター以上あるから、永久展示なんて夢の夢かなぁ~!

まして、戦艦陸奥の鉄が引っ張りだこになったように、例え武蔵を引き上げても、陸奥鉄みたいになるんじゃないかとおもいます。

ちなみに「陸奥鉄」とは通称なんですが、戦艦陸奥は原子力発電が成される前に作られた鉄です。

そして原子力発電が出来る前に沈んでしまい、長い間海水の中に沈んでいた戦艦です。

ですから、その鉄自体が放射能を含んでいない鉄なんです。(今の鉄は放射能値が0ではない)

なので、引き上げられた戦艦陸奥の構造材である鉄は「陸奥鉄」と言われて、放射能を測定するガイガーカウンターの0値のベースとして使われる大事な鉄となりました。

同じように戦艦武蔵も同じ道を辿る感じがしてなりません。

残しても砲塔とかスクリュー、舵位になってしまいそう。

そうそう、錨もありました。

前方の左右にある主錨は一つだけで、約2.4t位あるんですよ!

呉にある大和ミュージアムの庭に全く同じレプリカがありますが、化け物みたいな大きさです。

クサリだって一つのワッカでさえ、80キロだったかな?

スケールが半端ではないんです!

当時は2500人位は乗っていたんですかね?

そうだとすると、朝、昼、晩の食事で一日7500食を艦内で作る訳ですよ。

大変な作業です。

それから大和や武蔵の主砲は46センチで世界一の大きさです。

でも、広島の倉橋島の試験場には50センチの主砲までテストしていたらしいですから、その技術は大したものです。

配備された46センチ主砲でも砲塔内での根本は70~80センチ位ありそうです。

昔聞いた話ですが、その砲塔内の主砲の後ろには人が座っているらしのですが、主砲を射つと、反作用で主砲が後ろに後退するらしく、その70~80センチもある主砲の根本がギリギリまで押し寄せてきて、生きた心地がしなかったらしいです。

そんな戦艦武蔵ですが、引き上げられたら良いですよね!

Copyright 2014 meiun All rights reserved.