読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

人もそれぞれ、茶碗もそれぞれ!

茶道で使う茶碗には、手捏ねで作られる楽茶碗の他に、ロクロで作られる茶碗がありますね!

これは昔から変わりません。しかし、時代によりロクロで製作したままの形を茶碗にしているものと、ロクロ製作した後に手に馴染むように形を多少変形させたものがあります。

ロクロ製作のままの茶碗は、中国の青磁茶碗や天目茶碗がその典型です。

また、高麗系の井戸茶碗などは、多少ですが手に馴染むように茶碗を変形させているんです。

和ものに関しては、見た目から分かるように、志野茶碗、織部茶碗などは動きに動かしている茶碗ですね!

江戸時代に入り仁清などはロクロ製作後にはいじっていません。
  
皆さんはシンメトリーの茶碗とアイシンメトリーの茶碗ではどちらが好きですか?

人それぞれと言うか、茶碗の種類によるでしょうね!

人間にもいろんな人が居るように、茶碗もいろんな茶碗があるんです。

なので、茶道をされている方は特にいろんな茶碗でお茶をたてて欲しいと思います。

Copyright 2014 meiun All rights reserved.