読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

光悦の「不二山」の側面下部は10辺のしのぎかな?

昨日コメントをいただき、光悦の「不二山」の楽茶碗について補足説明をします。

この「不二山」はコメント欄にも書きましたが、茶碗側面の下部は「しのぎ」が効いた削りをしていますが、果たして何面だと思いますか?

このオヤジも現物を触ったことかない茶碗ですから、断言は出来ませんが、たぶん、タブン10
角かも知れません。


何故かと言うと、光悦寺の池は10角の御影石の枠組みで出来ていたんじゃないかと思います。間違っていたらごめんなさい!

でも、もし光悦寺の池の枠組み石が10辺で作られていたら、間違いなく「不二山」も10辺のしのぎだと思います。

光悦寺に誰か行く人いたら、確認よろしくお願いいたします!

Copyright 2014 meiun All rights reserved.