読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

ポータブルプレヤーは難点は有るけれど

私がハイレゾ録音して、普段使用しているポータブルプレヤーを紹介したいと思います。

こちらもコスパを考え、ハイレゾ専用のポータブルプレヤーは使っていません。

今の現行品ではありませんが、TASCAMのPCMプレヤーを使っています。

このTASCAMTEACの業務用製品のブランドです。

そのTASCAMのDR-2dと言う花のポータブルプレヤーを使用しています。

本来はPCM録音する機材なのですが、再生も優れているので使っている訳です。

中古品を探せば、¥5,000~¥10,000位で入手出来るかな。

安くて再生が良いのがポイントです。
96kHz/24bitの録音も出来ます。

しかし、大きな欠点もあります。
それは、単3電池2本で駆動するのですが、化け物みたいに電池を消耗し、再生に於いても1時間位の電池の持ちの悪さ!

これには本心参ります。
ですから、いつもアルカリ電池は¥100SHOPで購入。

出力は普通のポータブルプレヤーよりはあります。

しかし、昨日紹介したゼンハイザーの70Ωのヘッドホンを使うと、やはりポリュームは10段階中、7位にしないと満足する音は鳴りません。

そんな問題児のポータブルプレヤーですが、電池消耗は別とすれば、音質的と本体コスパには優れている製品だと思います。

f:id:mei-un:20160125150514j:plain

Copyright 2014 meiun All rights reserved.