読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

焼成成功 ! やはり原因は炭でした !

予定していた今夜の古式釉薬調合での二回目の試験焼成は、見事に相棒は成功させました。

はやり思った通り、原因は炭でした。
今回入荷した炭は楽窯の焼きには炭化し過ぎでした。

前のブログに書いたように、マングローブ(いつも相棒とは間違えてマングースと言ってしまいます。)を炭化している炭の間にサンドイッチ状態で炭の補給をします。

このマングローブ炭は高温な窯に入れると爆裂してしまうのです。

そうなると焼成中の作品の見込みに爆裂した炭の破片が入り込み、作品を汚してしまうので
それを防ぐためにサンドイッチにして爆裂しても、その上に重なる炭で爆裂した炭の破片が作品中に入らないようにしている訳です。

焼き上げた作品は見事なまでに、青白い藁灰の色が発色され、その色合いは近代の作品では見られない、古式の色合いになりました。

やはり、私の定説である、昔のやきものは昔のように作り、そして焼かなければ再現は出来ないと言うことが、今夜はまた新に実証できました。

Copyright 2014 meiun All rights reserved.