読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

作りたい楽茶碗を写すポイント

今、このオヤジの稚拙な頭の中はパニック状態なんです。

何故かと言えば、ブログでも何回もお話ししていますが、より楽茶碗の製作を分かりやすくと、アクションカムを購入しました。

初めは頭にカムを着ければと、ヘッドギャを改造して装着出来るようにしましたが、いざ撮影すると生録だと会話中に頭が動いてしまい、画面が騒がしくなひました。

なので、頭の上に専用のステーを作り、そこにカムを固定。これにより画面は落ち着きました。

撮影してYouTubeにアップしましたが、声がこもっています。別に美声ではなく、ではないので良いのですが、またしゃべり自体の方が問題があるのですが、問題回避と言うか、問題転換して声の質を直そうとしましたが、アクションカムには外部マイクの入力端子かないので、音声は別撮りとなりました。

撮影してと同時にPCMレコーダーでの収録。

そこまでは順調でしたが、編集の段となったら、今までのムービーメーカーでの編集に問題が発生。

ムービーメーカーは、編集時のトラックが2つしかありませんよね!

収録した映像。そして同じく収録した音声を入れたら、それ以外のことは出来ません。なのでBGMが入らなくなりました。

なので、一回編集が終わりエンコードしてから、再度また出来た動画をムービーメーカーに読み込んで、再度BGMを入れてエンコード

そうしたら、画像の老化が激しいのです。

なので、今ムービーメーカーから、無料であるAviUtlと言う編集ソフトに変更しました。

しかしこのAviUtl、たくさんの方々の努力で出来たソフトであるため、色々なプラグインソフトを入れなければならず、また設定もあり、オヤジはコンヒューズ中なんです。

はたまた、画像編集ソフトは、簡単なJtrimと言うソフトを使っていましたが、この際とGimpに。

そして先日、お話ししましたように、喫茶店でみた、何やら小さいMIDIキーボード。

調べてみました。KORGのMicrokey-25と言う代物でした。

金額を調べてみると、なんと¥5000以下です。

そして、Studio Oneのフリー版でもDTM(デスクトップミュージック)が出来る。

なんとすばらしい時代でしょうか?コスパは最高です。

今はDTMなんか勉強する時間は全くありませんが、AviutlやGimpを一応マスターしたら、是非DTMにもトライしたいオヤジなんです。

なので、頭がいつもパニック状態です。

これが20歳代だったらねぇ。記憶力も良いでしょうが、このオヤジの歳になるとダメです。

映像や音楽関係は、昔だったら絶対に宝くじが当選しなければ買えない機材が、本当に手の届く所まで来ましたよね。

凄いコスパです。これこそ何でも屋さんのPCです。

エクセルやワード、パワポだけではもったいないPCです。

スマホもとても便利になりましたが、このオヤジはPCを酷使させたい願望が耐えません。

Copyright 2014 meiun All rights reserved.