読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽茶碗は大嫌い!? でも茶碗を焼きに焼きまくる男『迷雲』のブログ

楽茶碗の製作は地味で熱いなどシンドイことばかりですが、楽茶碗師『迷雲』が製作を通して感じたこと、知っていること、時たま脱線したこと(いつもかな?)を書き綴っていきます。

何でもやってみよう!

先日YouTubeにアップロードした、雨雲の作り方15において、楽茶碗を作りたいとの目的で教室に入ったUさんの作品をお見せしましたが、楽茶碗において教える者がいれば、素人も玄人も差は差ほどありません。

何故なら全てを学ぶからです。生徒さんのほうが諦めなければ、そして全てを学ぼうとする姿勢が継続すれば、同じように出来るんです。

何故なら全てを学ぶからです。

先生によっては、全てを教えない先生もいますが、全てを教えてくれる先生ならば、いろはを全て学ぶのですから、自然と出来てしまうものなのです。

確かに違いはあります。それは経験による慣れの問題です。

しかし、いくら先生が経験していても、無駄な経験もたくさんあります。

このオヤジなんか、統計は取っていませんが、失敗の方が多いかもしれません。

その失敗も成功の母となるのは事実ですが、生徒さんは成功方法だけをまなぶのですから、時間的には最短で進むことになります。

なので、その方法論さえしっかり学べば出来るようになるのです。

ただ、これから始まる焼きに関しては、また新たな経験が必要になります。

相手は火なので、毎回同じようにセッティングしても、なかなか思うようにはなりません。

それが陶芸なんです。成功の確率はどんどん上がってはいきますが、100%成功には毎回いきません。だから面白いのかもしれません。

何回も前から話していますが、光悦の茶碗は素人が作った代物ではありません。

だから難しいのです。
でも、神が作ったものでもない。

なので、まだ私は実験段階てしかあの白楽茶碗の「不二山」を作ってはいませんが、方法論は70~90%は導けると思っています。

皆さんも、子供のような好奇心に立ち返り、なんでも挑戦してみてください。

頭で答えを出して納得するのではなく、実践して納得するまでやってみてください。

無駄な時間や散財もするでしょう。でもその経験値や、それから学ぶ知恵は自分の人生の財産になります。

数値で表される財産ではないので、今の時代には則さないと思いますが、自分だけの財産であることは事実。

だから、なんでもトライしてくださいね。

兎に角頑張りますので

先日の雨雲の15回目の動画の英語には、流石に参りました。

前から英語でも音声を入れなければと思ってはいたのですが、なかなか腰が上がらず、海外からのメールにより、やっと腰を上げた次第ですが、日本語の内容とはかけ離れてしまいました。

日本語でもままならないオヤジの上に、いざ英語で話すのは、頭は真っ白、口はシドロモドロです。

でも、矢は放ってしまいましたので、これから英語も真剣に学ばなければなりません。

でも、英語で説明しなければならないので、日常会話なら適当にごまかせそうですが、説明となると頭が痛いです。

そしてリアルタイムな感じが焦ります。
でも、これからは英語は必要ですよね!

今の会社では英語で会議もしているところがあるみたいですよね!

よく、口が回るのが不思議です。いつも英語を話していれば、口が慣れて来るのでしょうが、なかなか英語を話す機会がないオヤジにとっては、日本語もままならないのに口が回る訳ありません。

また、光悦のことを説明するにしても、歴史的背景やら、美的感覚はどのように説明すればいいのか全く見当がつきません。

でも、日本語の作り方も含め、頑張りますので、暖かく見守ってください。よろしくお願いします。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今日は今年に入り14日目となってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2017年となり、遅れていましたYouTubeの動画も、二本(14と15)をアップロードしました。

特に「雨雲15」に於いては、英語でも話すこととなりました。

去年から気にはしていたのですが、海外の視聴者からの登録も多いため、日本語だけでは問題だな!と思っていたのですが、今年に入り14をアップロードしてから海外からメールをいただき、「何を説明しているのですか?」と言う質問を。

ここまで来たら、英語が間違っていようと、下手であろうと、英語でも話さなければならないと、腹を決めて撮影したんです。

お聴き苦しい英語ですが、海外から早速メールが入り、「意味が分かりました」と反応がありましたので、良かった、良かったと思っている次第です。

考えれば、日本の観光地のおみやげ物のおばちゃんが、ブロークンイングリッシュでも外国人と会話してコミュニケーションを取っていますよね?

あの精神をこのオヤジも学ばなくてはなりません。

日本文化がいくら凄くても、伝えなければ、ただの過去の文化となってしまいます。

日本文化と言えば、今そこに生きている文化こそが日本文化に等しいと思うのです。

なので、これからもお聴き苦しい英語を話していきますが、何卒よろしくお願い致します。

光悦の黒楽茶碗の作り方も造作に於いては後半となって来ました。

これからは細かい部分の製作となります。なので撮影用の照明も必要。

いろいろ機材が必要になりますが、なるべく分かりやすく、そして見やすくしていきますね!

リハビリボール

何とか毎日リハビリを痛くても続けていますが、なかなか手首の骨折というのは、簡単には元に戻らないですね。

甘くみていました。握力やら曲げに対してはまだまだダメです。

そして今日、以前から探していた小さいボールが遂に手に入りました。

病院にてリハビリに使っている小さなボールがなかなか見つけられなかったのですが、ふと店先を見ると何やら大きさが手頃なボールが¥80。

そのボールを握ってみると、病院でリハビリに使用しているボールの固さとほぼ同じ。

これを握握して今日から四六時中のリハビリ挑戦出来ます。

ちょっとオヤジが持っているボールとしては、何とも言いがたいボールですがね‼

早く皆さんに雨雲の茶碗の作り方をアップしたいです。
f:id:mei-un:20161203184237j:plain

改めてショパンの凄さを知る

前回のブログでは、楽茶碗を焼成予定と書きましたが、作者の生徒さんが風邪でお休みされたため、楽茶碗の焼成は次回となりました。

当のオヤジも風邪で咳がなかなか止まりません。今回の風邪は質が悪いから、皆さんも気をつけてくださいね!

そんな状況なので、このオヤジもリハビリもあるし、ネガティブキャンペーン中なのですが、持ち込んでもられないので、前から気になっていたGAGAのALEJANDROの冒頭に流れるジプシーダンスが気になっていたので、調べてみたら、David Garrettが弾いていることが分かり、早速その奏者が主演のパガニーニの映画をTSUTAYAに借りにいったら、レンタルなし。

ガックリして、そのまま帰るのも何なので、ショパンの映画を借りて帰ったんです。  

ポーランド映画らしくたまには良いかなと思い見たら、何と先日父親の遺作であるショパンのWaltz A Minorがメインテーマなんです。

何と奇遇か‼父親ショパンのアレンジ遺作であり、ショパンの遺作でもビックリしたのに、またもやWlaltz A Minor 。

そして、その映画中の全ての演奏がとても見事で、まるでショパンなんです。

このオヤジはモーツアルトが好きなのですが、この映画中でのショパンの演奏はたまりません。

これぞショパンなのです。ピアノの高音部がキラキラしてスタンウェイのピアノでは表現出来ないショパンがそこにはありました。

映画中のピアノを見ると、ビアノには「Pleyel」とあります。

調べてみたら、そのピアノは当時ショパンが使っていたピアノのメーカーでした。フランス製のピアノです。

スタンウェイのピアノのような荘厳さはありません。しかし音がキラキラしてとても繊細な響きなのです。

この音なくしてはショパンは無いと言ってもいいくらいです。

パガニーニの映画が無くて、仕方なく借りたショパンでしたが、リアルショパンを見た思いがします。

ショパンがお好きでしたら、是非このショパンの映画を見て下さい。特に映画中で流れている演奏を。

オヤジは楽茶碗も音楽も、そして絵画だって同じだと思うのです。

芸術はどれも栄養になります。

今日は赤楽の焼きです。

まだオヤジの手首は満足に動きませんが、今日の授業は、生徒さんの赤楽焼成の指導です。

焼成する生徒さんは、今回の作品はただの赤楽ではなく、高台から腰にかけてグラデーションがつく茶碗を焼きます。

この様な茶碗は第一に釉薬の調合、施釉がとても大事になります。そして焼く段階に於いては、初めは還元焼成で焼きながら、少しづつ酸化にもっていきます。

この切り返しの見極めがとても大事になるのです。還元が弱ければ、腰まわりはゴホン手となるし、酸化が遅ければ茶碗の側面が綺麗な赤楽になりません。

ですから、フイゴの感覚が今日はものを言います。

もう一方の生徒さんは、今光悦の黒楽茶碗の「雨雲」を製作中ですが、その茶碗が出来上がり、焼く時の事前勉強として、炭切りの実地勉強になります。

炭を切ることは単純な作業ですが、如何に無駄を出さずに炭を適格の大きさに切るかがポイントになります。

大きさが異なれば、炭切りした各炭の燃焼スピードが異なり、楽窯内の温度のバラツキになります。

なので、この炭切りの作業は地味な作業ですが、とても大事な作業になるのです。

楽茶碗の製作と楽茶碗の焼きは、全て理論と実地です。

ただやみくもに焼いても、何故失敗したのか?また何故成功したのかが、後で検証出来ません。

全てがデーターや経験知識の蓄積ですので、焼かれる方は必ず理論は確り固め、実地に於いては、データーを蓄積してくださいね。

コーレス骨折

9月11日に骨折してから、早3ヵ月。
ギブスは取れましたが、毎日手首のリハビリが続いています。

今まで肋骨は骨折したことがありますが、リハビリは無かったため、今回の骨折のリハビリに対して、「なんでこんなにリハビリをしなければならないんだ!」と思っていたら、オヤジの骨折は、コーレス骨折と言うらしく、手首から先には27個の骨があるらしく、手首の骨折や転倒の衝撃にてそれらの骨がずれてしまい、正常に手首を曲げられなくなるようなのです。

誠、確かに手首が曲がりません。手首が横から見ると丁度フォークのようになってしまうのです。

今回人生初めての手首の骨折ですが、皆さんも手首の骨折は甘く見ないでください。それ以前に怪我には十分気をつけてくださいね!

普段何とも思わなかった手首の曲げか出来なくなり、力も全く無くなるので、とても日常生活が不便になります。

でも、毎日必死でリハビリしていますので、来月には「雨曇の作り方」の動画が再開出来ると思います。いや、そう願いたいです。
f:id:mei-un:20161109163627g:plain

Copyright 2014 meiun All rights reserved.